7月16日
                      
TrekkingNO10

          



    



        ミューレン(1638m)の街並み


      



      宿泊ホテル  Jungfrau

      



       ホテルからの眺め


      



       あれが、夢にまで見たアイガー(3970m)だ!

     




         さっそく、ロープエーで007の撮影で有名な Schilthorn Piz Gloriaへ
         いつきに2677m上がります


       


        ミューレンの眺め


         


         ロープエーからアイガーを望む

        


         頂上はこんな所です(パンフレットから)

          




           


           アイガーを眺めながらSchithorn回転展望台で飲むビール・美味い






             アイガー(3970m)・メンヒ(4107m)・ユングラウ(4158m)が真っ正


            





            




            度見てもいいね・・・・・

           



      7月17日

           開業100年を超すユングフラウ鐡道
        これからアイガーの中に入って行きます。


     



       登山電車の窓から見るアイガー北壁


      







             中停車の アイスメア駅から見るアイガー北壁です。

            




           トニーザイラー主演の白い蜘蛛の映画はここから救助に向かいます。


             



                氷のトンネルをくぐり、出口はこんな所です。
           ここから雪の上を歩いて行きます。



             




              後方はJungfrau(4168m)です。
              右のドームがSchithorn展望台です



          




          後方にユングラウを望みながら歩いて行きます。

          






          



 
          右を見ればナイフリッジ

          




                左を見ればこんな感じ

         




         これが有名なアレッチ氷河

         


         アイガー北壁 何度見てもいいね!!


         




      7月18日

        アイガーを眺めながらのトレッキング
      薄曇りでしたが、絶えずアイガーを見ながら歩きます。
      アルプストレッキングの中でも一番美しいコースだと言われています。
      グリンデルワールド(1034m)からロープエーで一気にGFirst(2168m)まで上がります。
      そこから、湖を眺めながらファウルホルン山(2681m)まで登ります。
      そこからはお花畑・牧草地帯をのんびり下ります。


     


       ファウルホルン途中の池から

        



       こんな所を下ります。

      


       カランコロンと牛の鈴の音色がいいですね。

      


       はるか眼下にインターラーケンを望みます

      


       アイガー北壁を眺めながら登るルートを考えています??

      




          アイガーを真っ正面に見ることが出来るグリンデルワールド
       憧れの地名でしたが、これだけ自然の中から人ごみの多い町に出ると
       少しうんざりします。
       しかし、念願のアイガーを眺めながらテラスでコーラーを飲みました。


       



         電車の中でもカヌー・自転車は自由に乗せることが出来ます。
         線路の側は急流の川が流れています。
         日本では考えられない光景です。

          



           混雑でもカヌー優先

          





          クリックしてね         (アイガー)




         さらに詳細のホームページは(編集長作)
          

            憧れのミューレン到着」 アレッチ氷河トレッキング速報 アルプス極上トレッキング






          長いあいだお付き合いいただき、ありがとうございます。  




           さー、いよいよ本来の目的 北極圏へ旅立ちます。