7月11日〜19日   TrekkingNo9


          7月11日   ジュネーブ着


          



       
7月12日
              早朝レマン湖散策

         


              朝食のバイキングを腹いっぱい食べて電車に乗り込む
              電車の連絡良く、午前中にツエルマット到着

                ツエルマットの駅前

        



               ホテルから眺めるマッターホルン


        



              天気は最高、早速荷物を預けて

              休むことなく、登山電車で3100mのゴルナグラード展望


            




              






                登山電車で行きます。

                 いいながめでしょ

               






                 




              リッフェル湖までトレッキング
              最高の天気です
                               


                  







              


               ツエルマット泊  
               
夕食はもちろんチーズフォンジューとラクレット 美味しい!!



            7月13日

                  荷物はツエルマットのホテルに置き、山登りの準備をして
             Furiまで電車、その後ロープエーを乗り継いで一気に3883m
             マッターホルン・グレーサー・パラダイスまで

                  ものすごい所にロープエーがかかっている



         







              


  

             下を見るのも恐ろしいぐらいだ。

             


    

                  頂上の展望台
            右手にはブライトホーン(4164m)  登れそうな気がしますね。


              




          この各度から見るとマッターホルンも少し違って見えます。
          左側はイタリアです。

              




              エレベーターの窓から

              




             マッターホルンを眺めながらロープウエー付近の湖で昼寝

             



             
   ロープウエー駅から見るとこのように見えます

               





             今宵の宿は、マッターホルン麓の山小屋
          シュワルツゼー小屋です。
          マッターホルンを寝ながらにして見ることが出来る贅沢な山小屋です。

               



                ワインを飲みながら昼寝です。
                        


               




             7月14日

                     朝5時から始まるショータイム
              寝ながら見れます。
                            


              




                しばしの静寂な時間


             






             






            








            




              シュワルツゼー小屋下の小さな池


           








           



              ヒュッテではちょうど150周年の行事が行われていました。
         我々の目的はまだまだ上です。
         
ご参考まで  ここで飲んだコーラー一本2500円でした。


               





           そうです、このマリア像を眺めながらさらに上へ


           





              ここまでです。
         これから先はザイルが必要です。


          ここが取り付きの場所です。
         ザイルがFIXされています。


       


        すぐ、そこなんだけれどな〜

       



          
登りたいな

       






          



               もう少し・・・?
          若ければ登れたのだが!!


                      



         



               やはり、この歳では眺めるに限る!



         




       夜のイベントは

       今年はちょうどウインパーが登頂して150年の記念すべき日
       ウインパーがたどった道を照明が点火された


             




             ウインパーがマッターホルンを登頂、世界に知られた事で
           ツエルマットが開けた町になったとの事です。
           それまではネズミが這い回る貧しい村でした。
           そのため、ツエルマットの町はいたるところでお祭りムードです。



               ビールも150周年記念ラベル


             




            ただ、登頂後、7人のメンバーの内、4人が下降中に滑落した事も有名な話です。

            





               夜10時から始まる記念すべきセレモニー

         
周りは我々二人だけ、まさに神秘的な景色です。



        




        



        



        





        




              次は200周年?
          もう見ることは出来ないな・・・・




          7月15日  


                二日間シュワルツゼヒュッテでのんびりし、賑やかなツエルマットに下りてきました。
           今日はツエルマットからケーブルカーでサネガーパラダイスへ
           そこから下りのトレッキングです。


          





            マッターホルンを遠くに眺めながらのんびり下ります。



           




            マッターホルンと登山電車と滝    絵になるね〜
            わざわざこの写真を撮りに来のだ


            




             ツエルマットのシンボル・教会が見えます。

          








              今宵の宿はツエルマット    



          
            クリックしてね       
  (マッターホルンの夜明け)




            クリックしてね       
  (マッターホルン1)



         
さらに詳細のホームページは(編集長作)
          
         
            @   マッターホルン速報版Part1

            A   マッターホルン速報版Part2

            B   ご来光

            C   大接近

            D   150周年ウインパー隊を忍んで

            E   また逢う日まで



       
7月16日 
           ツエルマットからミューレンに移動

            まだまだすばらしい景色が続きます。