第16回 (2017年) 台琉国際ヨットレースの参加


4月30日  宜野湾マリーナ出港


       朝日に見送られてしばらく宜野湾マリーナを離れます


     




        台琉国際ヨットレース参加のため、同じマリーナのSさんとダブルハンドです。

        出港までは
        レースエントリー、イリジュウムの購入・ラフト(救命イカダ)の設置・近海仕様に変更 入出国手続き・等々
        準備に忙しい日々が続きました。



        




        今年の沖縄は寒い
        沖縄に来て数年になりますが、初めてオイルスキンを来ました。

        オーバーナイトは疲れる、眠たい、眠たい
         しかし、満天の星空、天の川が綺麗だ!!

       



              4月30日 午前6時出港
              5月1日 午前11時 宮古島平良港入港
              宜野湾マリーナ〜宮古島  171マイル   29時間


          






             





              








           




              ヨット仲間のKさんに車を借りてさっそく宮古島一周


          





                 ダイビングのメッカ  通り池 HPより
                           

     海側(南側)の池が直径75メートル、水深45メートル、陸側(北側)の池が直径55メートル、水深25メートルである。
     地上からは2つの池が並んでいるように見えるが、これらは地下部分でつながっており、
     さらに海側の池は洞穴で海とも通じている。「通り池」という名は、このような池の構造に由来する。
     この池は海とつながっているために潮の干満につれて水面が上下し、サーモクラインによって色が変化して見える
     また、深度によって塩分濃度や水温に差があるため、多種多様な魚介類が分布しており、
     サーモクラインによる神秘的な景観とも相まって、
     絶好のダイビングスポットとなっている

           


            




           伊良部大橋


           



                こんなにひん曲がっています。



             




                       宮古島には日本最南端と最西端の温泉があります。



                




                          最西端は女風呂にあります。 
                          残念ながら入れませんでした。

                              

                        人相が悪そうですが、最西端のお風呂に入れなくてふてくされている顔です、すみません!
                 




                  久松五勇士(ひさまつごゆうし)は、日露戦争時に行われた日本海海戦に先立ち、
                  バルチック艦隊発見の知らせを宮古島から石垣島に伝えた5人の漁師の呼び名である。


              





                     パウダースノーのような海岸   砂山ビーチ


               




                       私です!!


                




                          こんな入り江もあります。


                  






                          よく走りました


                       







                           5月3日

                           宮古島から西表 船浮へ

              


                             宮古に沈む夕日

               




                         石垣島に昇る朝日

               



          西表島・船浮(ふなうき)ってどんなところ?(HPより)

            西表島内でありながら道路がつながってなく、
           他の集落への移動は船でしかいけない秘境の地「陸の孤島」と呼ばれている


                    







                      







                 





                  イリオモテヤマネコのの発見・捕獲の場所です。


                   




                     さっそくカヌーでマングローブの川を散策します。


              




                行き止まりは 水落の滝。
                昔は真水を汲みにロシア船が入ってきたとか・・・


              




                      いつみてもいい男です・・・・・・?


            





                    イダの浜   綺麗でしょ・・・
                    ほとんど人影がありません。


               



                 


               



                      のんびり   のんびり   のんびり


              




                   静かな港です。



                




                     静寂な港   満天の星空 
                     今日も飲みすぎました。

                          あらヨット!!



                 







                   5月5日   西表島から石垣島へ


                   




                     朝8時  船浮出港  
                     八重山ヨットクラブに迎えられて14時 石垣島浮き桟橋に舫う
                     
                     石垣島はダイビングで30年ぐらい前と
                     ヨットでは 日本最南端 波照間島
                            日本最西端 与那国島に行った3年ぶりです。

                  




                       尖閣諸島を持つ海上保安庁は忙しそうです!


               





                   離島桟橋では早くもヨットレースの歓迎ムードです。


              




                     レンタカーでさっそく島一周

                     石垣島最北端 平久保灯台


              






                    石垣島はなんと言っても  石垣牛
                    美味そうだ!!


                

                        食べごろは モー 少し待っててね!!



                          玉取崎展望台からの景色

                    





                       山の上から見た 川平湾


               



                      川平湾はいつ見ても綺麗だ!


              




               連休で多くの観光客がいました。


             




                      途中 こんなお店がありました。


              




             貝に囲まれて 石垣牛のカレーを食べました。


            



                   トイレもこんな感じです。   
                   落ち着いて出来ません!

               




                夕日の綺麗な  御神崎灯台


            




                      すみからすみまで、走りました。


                      



                   7日 はジェット船で小浜島へ



           







            

              レンタルバイクで島一周

              星野リゾート  ビーチでツーショット!


             




                      はいむるぶし  綺麗な所です。


            




                   西表島まで2キロの海岸  海人海岸  マンタ水道です。


            



                ちゅらさんの主人公の実家 「こはくら荘」


          



                   これだけ走りました。


                   




              石垣島に戻り今度は竹富島へ
               ジェットもドリーム号


             





                   竹富島と言えば、美しい海、赤い瓦の集落
                   そして水牛車で有名な日本の誇るリゾート地

             


                  歌に出てくる安里屋根クマヤ生誕の地


                  






               








                 下の女性をクリックしてください
                     

                    











               







              





                   




                8日はそろそろ出港準備

                洗濯・燃料・買いだし・整備  忙し、いそがし


                           



                    9日  石垣中央桟橋に移動、出国手続き 

                         中央桟橋で しばしの癒し

                 





                5月10日  石垣島で壮行会のセレモニーが終わり 11時出港

                





                     石垣島から142マイル  追い風・追い波でローリングが激しい

                     寝不足がたたって眠たい・眠たい
                     追い波のサーフィング 横揺れが激しい
                      常時 8ノット超え  時折 9ノット 

                      左の島は 与那国島です。
                      黒潮で右に流されれば尖閣諸島
                      早いところで4ノットあります。

               


                  


               




                緑の多い基隆港近くのミンシャーマリーナへ


            




               

                     日の丸をしっかり掲げて


                 




                      検疫のイエローフラッグと台湾国旗


             




                       入港するなり、検疫・入管・停泊手続きと忙しい・・・


                   






             




                   石垣島での出港セレモニーが新聞に大きく出ていました。


             





              12日  は台北へ市内見学

                基隆駅から電車で台北へ

              




                     台北駅


            




                    行ったところは 世界四大博物館の一つ 国立故宮博物館

                  (HP)より
                台湾に来たら欠かせない観光スポットと言えば、「国立故宮博物院」。
                歴史に翻弄されたお宝の数々が並ぶ世界一の中国美術工芸コレクションとして
                名高いここ故宮博物院は、フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、
                ロシアのエルミタージュと並んで
                世界四大博物館の1つにも数えられています。
                故宮博物院には、およそ70万点近くの収蔵品があると言われています。
                すべてを見て回るには、10年以上はかかると言われています。
                玉器は8000年前のものから、5500年前の新石器時代の翡翠の彫り物、
                4400年前の陶器、3300年前の青銅器・象形文字、
                2200年前の秦の始皇帝の時代、
                日本の古墳時代、さらに隋、唐、宋、元、明、清の
                歴代宮廷の収蔵文物を継承し、
                国立故宮博物院はまさに、中国芸術文化の集大成!

                興味のある人にはいい場所ですが、私には猫に小判です?
                あるいはぶたに念仏?
                トドに説教?

e0062639_10450098.gif

                疲れた疲れた!!




                なぜ、これほど貴重なコレクションが台湾にあるのか
                これは日本が大きな影響を与えたからです。
                詳しくは各自で調べてください!!


e0062639_10545300.gif

             





             



本来の目的は
夜市へ

              




            








            



またまた飲みすぎた






13日  昨日から激しい雨  雷

そんな中をなん艇ものヨットが入って来る


友人H氏が乗るココリン(鹿児島)は
5月3日のアリランレース(釜山〜博多)に出てそのまま
台湾までやって来た強者です。

            



明日からの試合に向けて全艇整備に忙しい!


              




それぞれゼッケンを付けて準備完了です。
気持ちが高まってきます。


                





          





レース委員長からコース説明

   





いよいよ始まります。








第一レースは基隆島一周レース


          






前を行くのは二本マストのココリン


         








          





ユーチューブドロン撮影から


         







          




向こうの島が基隆島です。


            





台湾での表彰式


          

  





          




台湾料理がいっぱい出ます



         



余興は


 下の画像をクリックしてください

      


もう一つ










 




優勝はお世話になった、石垣島八重山ヨットクラブのファルコン


            


DREA夢は なんとなんと第3位

たった二人で 頑張りました
























翌日は第二レース

台湾から石垣島までのロングレース


          








             







全艇そろって出港します


           





台湾付近は黒潮の流れが激しい
いかにこの潮流を読むかがポイントです。







潮流で横揺れが激しいです。

            









             




だんだん波も高くなってきました。


            







            




雨・風も強くなってきました。





            













横揺れと眠たさでふらふらです。
何にも食ってね〜





強風で渡り鳥? つばめが避難してきました。
私の座布団を占領されました。






慣れたのか、キャビンの中まで入って来ました。







全艇 なんとか無事 石垣港に入港

 

            



翌日は第三レース

名蔵湾でのトライアングル コース

ニライカナイ艇  提供









石垣島での表彰式



          








          







           






優勝はAOBA(鹿児島)


           




DREA夢なんと第三レース(トライアングル) 第一位

総合成績 第二位






             





「もうすぐ古希を迎える我々二人で頑張りました・・・等々」 しゃべりました。


            







             








           



三次会はヨットマンが集まるタニファーにて


            








翌日の新聞には大きく報道され
DREA夢は一躍有名になりました。









           




 



 総合成績


           







ご褒美はもちろん石垣牛ステーキ  (自腹ですが・・)


         






さっそくトロフィーをDREA夢に飾りました



              






クリスタルのりっぱなトロフィーです。


                 







鳳凰木










ご褒美その2

DREA夢はトロフィーより、飯の方がいいだろうと言うことで
八重山ヨット倶楽部のF会長に生の猪の肉が食べられるち言うことで
石垣島の隠れ座敷へ連れていっていただきました。






























あと、ピザもチーズが大変美味しい
失礼だが、こんな所にこんなお店があるとは・・・
ご馳走さまでした。







夜光貝も磨けばここまで綺麗になります。










石垣島での生活も長くなりました。









相変わらず、海上保安庁は忙しく動いています。

日本海側にはアメリカの空母が三隻行っているとか・・









5月22日   そろそろ宜野湾に戻ります。










綺麗な夕日です。










こんな静かな海もあります。




























          5月24日   宜野湾マリーナに戻りました

 
石垣島から宜野湾マリーナまで約240マイル
微風・潮流に悩まされ46時間 2オーバーナイト
長い長い帰途でした。

              














雑感

4月30日に宜野湾を出港
宮古島、西表島、石垣島、台琉レースと
5月24日に宜野湾に戻る25日間のクルージングでした。
クルージングの中では短い日数でしたが
台琉レースでは優秀な成績を残し
非常に想い出深いクルージングでした。


トラブルは

(1)ウインドラスの電蝕
50メートルのチエーンアンカーが流れ出し
それを腕力で引き上げたものすごい力



(2)オルタネーターの故障
石垣島で発生したこと
もし、他の場所だったら・・・
電気関係が使えず、大変な事になっていたと思う。
また、航空便で間に合ったこと
もし間に合わなあったら、天候待ちでまた、一週間
石垣島から出港出来なかったかも?
非常にラッキーだった。

e0062639_21223986.gif


いつも思うのだが
山にしろ・海にしろ
絶えず天候を気にしながらの喜怒哀楽
また、トラブルを乗り越える喜び?
まさに体力と精神力の継続だ!
今回もいろんな仲間に助けられたクルージングでした。





e0062639_11145875.gif



記念のお酒を創りました・・・・(自分で)
まぼろしの銘酒です











5年前チャートをニューペック(電子チャート)に変えて
これだけの港に入りました。
我ながらのものすごい行動だと感心します。













ユーチューブよりドロン映像