sub321
平成15年10月19日
燕温泉から歩いて約15分、川沿いに平坦な道をしばら く 歩くとつり橋が 見えてくる、そのつり橋をわたり右手の土手を下りしばらく行くと乳白色の湯船が見える。
燕温泉からの道は写真のようにまさに紅葉のすばらしい眺めが続きます。
川原の湯(燕温泉)
前に妙高山(百名山)に登った後、に立ち寄った
そのときはたった一人だったが、今は紅葉のためか人も多い。本来なら登山客の場だが、燕温泉に近いため観光客が多い、今回は僕もそうだが・人が多いと女性が折角入りに来ても恥ずかしいのか、あきらめて帰って行く。
恥ずかしいような顔をしていないのに・・・(独り言)しかし残念!!
非常にぬるくなかなか出ることが出来ない登山道の脇を女性がにやにやしながら
通り過ぎて行く。
入ればいいのに・・
ここは燕温泉のすぐ近くにある黄金の湯
平成12年?までは混浴だった。
昨年、戸隠山に登った帰り、安達さんたちと来たときには
すでに右に見えているすだれで囲いが出来ていた。
それまでは混浴だったのに・・・
しかし、逆に顔を見ず声だけの方が想像できていいかも?、
sub321
戻る